後遺障害等級認定とは

自賠責保険における後遺障害等級認定とは、交通事故を原因として発生した治癒する見込みがない障害について、損害保険料率算出機構という機関の審査により格付けを行う制度です。

事故後一定の治療期間が経過した後、これ以上治療を継続しても症状の改善が見込めないという医師の判断(症状固定)に基づき後遺障害診断書が作成され、レントゲンやMRI画像等の医証とあわせて自賠責保険会社に提出することにより認定の申請を行います。

一定の審査基準により症状の重い順から1~14の等級に認定され、認定された等級に基づいて慰謝料や遺失利益等の計算が行われることになります。

※遺失利益

交通事故による後遺障害がなければ得られたであろう利益。つまり、後遺障害があることによって労働時間や職種等の制限が発生することにより失われてしまう利益となります。

このページの先頭へ