異議申立の手続き

後遺傷害等級認定申請をした後、認定結果が通知され、等級非該当であった場合や、認定等級に不服がある場合は異議申立の手続きを行うことができます。

異議申立の手続きは何度でも行うことができますが、当然初回の申請時に加えて、新たな証拠資料の提出をしない限り、結果が変わることはありません。

等級認定申請後は、認定された理由、又は非該当とされた理由が書かれた通知書が届きます。異議申立の際にはそれらの理由を勘案し再度医師による診断を受け、新たな検査を実施してもらったり、意見書を書いてもらう作業となります。

弊所では認定理由書及び診断書等の医証について精査を行い、医師との面談や症状に応じた検査のご提案、各種書類の作成により上位の等級獲得に向けてサポートをさせて頂いております。

なお、ご自身で異議申立手続きを行う場合ですが、相手方任意保険会社によって初回の等級認定(事前認定)がなされているケースである場合がほとんどです。まずは、任意一括を解除し、ご自身で自賠責保険会社に対し異議申立手続きを行った方がよいでしょう。

このページの先頭へ