事前認定(任意一括)と被害者請求

後遺障害等級認定の申請方法(自賠責保険金の請求方法)は、

  • 相手方任意保険会社がまとめて手続きを行う任意一括による「事前認定
  • 被害者自身が直接書類を収集して認定申請を行う「被害者請求(16条請求)

の2パターンがあります。

任意一括による事前認定

任意一括(一括払い)とは、相手方任意保険会社が窓口となり賠償金(自賠責保険金+任意保険会社支払分)を被害者に対して支払った後、任意保険会社が立替えた分を自賠責保険会社に請求するというものです。

本来であれば自賠責保険と任意保険会社それぞれに手続きが必要となりますが、この制度により被害者の手続き上の負担が少なく済むというメリットがあります。

一般的には一括払いにより手続きが行われていおり、後遺症が発生する見込みがなく、賠償額について保険会社との交渉も順調であればこちらの方法で基本的に問題ありません。(この場合でも専門家への相談は行っておくことをお勧めします)

注意が必要となるのは、後遺障害等級認定の申請を行う場合や、相手方任意保険会社との交渉決裂が予見される場合です。

後遺障害等級認定申請を任意一括により行う場合、保険会社によって「事前認定」と呼ばれる手続きが行われます。後遺障害に関するMRIやレントゲン等の医証がきちんと審査機関に伝わっていれば問題ないのですが、中には認定させない(低い等級に認定させる)ことを目的に、医証の提出を(意図的に?)怠るケースや、保険会社顧問医師による意見書が付されるケースが見受けられます。

被害者が高い等級認定を受けても、基本的に相手方任意保険会社は賠償しなければならない金額が増えるだけで、何のメリットもありません。つまり、等級認定について消極的な理由はあっても、被害者のために積極的に協力する理由はないということです。

被害者請求による認定申請

一方、後遺傷害等級認定や異議申立の手続きを被害者自身により行う被害者請求は、必要な提出書類を全て整えて、直接自賠責保険会社へ提出する必要があるため、事前認定に比べて手間はかかります。

しかしながら、被害者側で提出書類について検討を行い、申請内容を正確に把握することが可能です。意図的に被害者に有利な医証を排除される心配もありません。

また、相手方任意保険会社が自賠責保険金を受け取る事前認定とは異なり、被害者請求により等級の認定を受けることが出来た場合、直接被害者の指定する口座へ保険金が入金されます。

これにより、「事故による受傷のため生活状況の厳しくなった被害者が、足下を見られて不当な条件で示談を迫られる」といった被害者に不利な状況も回避することができます。

こうした点も被害者請求の大きなメリットです。これらの理由から、弊所において手続きのサポートをさせていただく場合は、被害者請求による認定申請方法をお勧めしております。

このページの先頭へ