保険会社から治療打ち切りを通告された…

交通事故によって受傷し、一定期間(怪我の程度にもよりますが3~6ヶ月が目安)通院による治療を続けていると、相手方の任意保険会社から一方的に治療の打ち切りを通知される事があります。

弊所へも、「打ち切りを通告されたんだけどどうしたらいい??」といったご相談が多いのですが、ケースバイケースです。

治療を続けていることによって症状に改善が見られるのであれば、例え一方的に治療費の支払をストップされたとしても、自費ででも治療を続けるべきです。主治医から治療の必要性を相手方に伝えてもらうのも良いでしょう。

治療をストップしてしまったことによって重い後遺症が残ってしまったとなると、後悔してもしきれません。自由診療により治療しているのであれば、健康保険に切り替えて治療を継続しましょう。

なお、治療を続けたにもかかわらず残念ながら後遺症が残り、後遺障害の等級認定を受けた場合は、打ち切り後~症状固定時までに自己負担した治療費についても、相手方に負担を求める余地があります。

一方、治療による改善効果が見られない場合にダラダラと治療を続けていてもしょうがありません。セカンドオピニオン等により新たな診断・検査等を実施して新たな治療法を模索することも必要でしょう。

それでも改善の見込みがない場合は、後遺障害の等級獲得に目標を切り替えるしかありません。後遺障害の等級認定について詳しい専門家に相談し、少しでも高い等級の獲得を目指しましょう。

このページの先頭へ