後遺障害等級を獲得したら

ここでは後遺障害等級認定申請や異議申立により等級を獲得した後の流れについてのご説明です。

被害者請求により後遺障害の等級を獲得した場合には、認定獲得後、自賠責保険会社より後遺障害遺失利益・慰謝料が申請時指定の口座へ入金されます。(※相手方保険会社による事前認定手続きにより認定を受けた場合は直接振り込まれませんのでご注意を)

この金額は自賠責基準と呼ばれる等級ごとに定められた金額で、一般的に、裁判等により解決した場合(裁判所基準)と比べて少ない金額となっています(被害者に重大な過失がある場合は逆に多くなるケースもありえます)。

ただでさえ後遺障害が残り、不快な思いをしている以上、障害にみあっただけの正当な賠償を受けたいところです。

弁護士費用等特約に加入している場合は、迷わず交通事故専門の弁護士へ賠償額の交渉について委任を行いましょう。本人の手間も少なく賠償額が増額するケースがほとんどです。

妥当な賠償金額の試算により、裁判所基準であっても大きな増額が見込めず、弁護士報酬を考えた場合にちょっと…、という場合は「交通事故紛争処理センター」へ相談することにより、賠償金額についてあっ旋・審査を行ってもらうことが可能です。

交通事故紛争処理センターに相談すると、担当の弁護士が被害者と加害者側任意保険会社との間に入って判断を行い、賠償金額が提示されます。この金額について加害者側の損害保険会社は異議の申立ては出来ません。

数度は本人で各地の紛争処理センターへ出向く必要がありますが、通常は裁判所基準に近い金額での裁定となるため、なるべく出費を抑えて正当な賠償金額を受け取りたい場合には有効な制度であると言えます。

このページの先頭へ