過失割合に争いが…

交通事故に遭った際に、事故時の状況について相手方との主張が異なった場合など、交通事故調査が必要となるケースがあります。

後遺障害の等級認定を受けた後の慰謝料・遺失利益等についても、原則的に自己の過失割合分については減額されることとなります。たった1~2割の過失の変化が結果的に数十万~数百万円の賠償額の変化となるのです。不当な過失割合と判断されることのないよう、注意が必要です。

特に被害者側が任意保険未加入の場合に自己主張が出来ない場合など、加害者側の任意保険会社のペースで過失割合が決まってしまうケースも見受けられます。

事故当初より事故状況について疑義がある場合は、もちろん弁護士委任によって交渉に臨む必要があるのですが、合わせて早期の証拠保全・交通事故調査業務を依頼することをお勧め致します。

精密な調査を行うことにより、自分にとって不利であった過失割合が逆転することもあるのです。

弊所では、裁判や相手方との交渉を前提とした交通事故調査業務を実施しております。詳細については以下の姉妹サイトにてご説明しておりますので、事故に遭われた方で、過失割合に不満を感じている場合は一度ご覧になって下さい。

交通事故調査 証拠保全

路面痕跡や事故車両等、時が経つにつれて証拠はなくなってしまいます。ご相談はお早めに。

このページの先頭へ