交通事故にあったら

交通事故にあった場合の対処についてご説明致します。

自動車を運転する方はもちろん、自転車や歩行者の立場の場合でもきちんと把握しておきましょう。

まずは怪我人の救護を

とにかく人命優先です。怪我人がいたらすぐに救急車の手配を行って下さい。気が動転してしまい、自分でうまく状況を伝えられない場合は、近くにいる人に頼みましょう。

証拠の保全を

後々になって事故の過失割合についてもめるケースは多いものです。事故に遭ったその瞬間にしか保全できない証拠もあります。

目撃者がいる場合は連絡先を聞いておきましょう。目撃者の人数が多いほど証言の信憑性は高まります。

可能であれば事故直後の車両位置等も写真に撮っておいた方がベターです。路面に痕跡がない場合、車両の位置関係が重要になるケースがあります。

お互いの車の損傷状況についても確認して撮影しておきましょう。事故とは全く関係のないキズの修理代を請求されるなんてこともあるのです。

警察へ連絡を

事故の大小にかかわらず、必ず警察へ連絡して下さい。

面倒だからとか、大したことないからと、無届けのままでいると、後々不利な状況すら起こりえます。

事故の報告はドライバーとしての責務です。

相手方情報の確保

まずは相手の免許証と車検証を確認しましょう。近くにコンビニがあればコピーがベストですが、なければ携帯で撮影です。名刺がある場合はお互いに交換しておきます。連絡先の電話番号もお忘れ無く。

任意保険の加入有無についても確認しておきます。基本的に今後の交渉先はその任意保険会社の担当者となります。通常車検証と一緒に保管されている自賠責保険とは別物ですのでご注意を。

自分の保険会社へ連絡

自分が加入している自動車保険会社へも忘れずに連絡を。

警察が到着したら

警察が到着したら事故時の状況についての確認があります。

なぁなぁに対応していると自分にとって不利になりかねません。後々になってこの実況見分の内容が裁判上不利に働くケースも多いのです。

自分が正しいと思う状況をきちんと説明し、供述調書に間違った内容があれば署名を拒否し、訂正をしてもらいましょう。

ケガが無いように感じてもとりあえず病院へ

事故直後はアドレナリンの分泌によって痛みに気付かなかったり、あとあと脳へダメージを受けていたことが発覚するケースもあります。

安易な自己判断をせず、すぐに病院へ行きましょう。時間が空きすぎると事故との因果関係が立証できなくなる可能性もあります。

ケガをしている場合、状況が許すならば、詳しく自覚症状を医師に説明し、きちんと診断してもらいましょう。受傷部位が後々になって発覚し、治療が手遅れとなり、後遺症を残してしまうことのないように注意です。

このページの先頭へ