自賠責保険の補償範囲

自賠責保険は交通事故による損害について傷害・後遺障害・死亡の場合別に一定の限度までが補償されます。

傷害による損害

 限度額:被害者1名につき120万円

補償
項目
内容基準
治療費診察料・入院料・投薬料・手術料・処置料・通院費・柔道整復等の費用必要かつ妥当な実費
看護料近親者の付添(以下の場合)
入院…
原則12歳以下の子供に付添った場合
通院または自宅看護…
医師が看護の必要性を認めた場合または12歳以下の子供の通院等に付き添った場合
原則として
入院1日 4,100円
通院または付添看護
1日 2,050円
諸雑費入院中に要した光熱費・通信費・寝具使用料など原則として
入院1日につき1,100円
義肢等
の費用
義肢、歯科補てつ、義眼・眼鏡、補聴器、松葉杖等の費用必要かつ妥当な実費
眼鏡の場合は5万円を限度
診断書等
の費用
診断書・診療報酬明細書等の発行手数料必要かつ妥当な実費
休業損害治療のため得ることができなかった収入や給与の損害(有給休暇も対象)、主婦などの家事従事者の場合も支払対象1日につき5,700円
これ以上の収入がある場合、その証明が必要
ただし19,000を限度
慰謝料肉体的、精神的苦痛に対する補償1日につき4,200円
傷害の態様、入通院日数等を考慮して、治療期間の範囲内の日数が対象

後遺障害による損害

 限度額:被害者1名につき3,000万円

補償
項目
内容基準
遺失利益後遺障害により労働能力が減少し、将来発生するであろう収入・給与等の減少による損害所得および等級に応じた労働能力喪失率、喪失期間等により算出されます
慰謝料等精神的、肉体的な苦痛、その他に対する補償等級に応じて1,100万円~32万円が認定されます。1級・2級で介護が必要な場合および1~3級で被扶養者がいる場合は増額されます。
 

死亡による損害

 限度額:被疑者1名につき3,000万円

補償
項目
内容基準
葬儀費通夜、祭壇、火葬、埋葬、墓石などに要する費用60万円
領収書等の資料により60万円を超える場合は、100万円の範囲内で必要かつ妥当な実費
遺失利益死亡により将来得ることができたと考えられる収入・給与等の損害(被害者本人の生活費および中間利息が控除されます)所得および就労可能期間、被扶養者の有無を考慮のうえ、算定されます
慰謝料被害者本人の慰謝料350万円
遺族の慰謝料
遺族慰謝料請求権者
(被害者の配偶者、子および父母の人数により金額が異なります)
請求権者1名:550万円
請求権者2名:650万円
請求者3名以上:750万円
被害者に被扶養者がいる場合はさらに200万円加算されます

このページの先頭へ